BI online

ビジネスニュースをデータ活用の視点から幅広く配信

エンカレッジ・テクノロジ、AI技術活用製品を強化すべくリアルグローブへ出資

ソフト開発のエンカレッジ・テクノロジ

エンカレッジ・テクノロジ株式会社は、2019年4月10日、AI技術を活用した製品強化を目的として株式会社リアルグローブへの出資を行ったと発表しました。

エンカレッジ・テクノロジは、大規模システム運用管理や運用統制を実現するソフトウェアの開発・販売を手がける企業。リアルグローブは、AI・IoT・Roboticsといった先端技術を活用したソリューションを提供している企業です。

これまでも、基礎研究に取り組んで来た

エンカレッジ・テクノロジは、2002年の創業時より金融・通信といった社会インフラの一端を担う大規模システムに関するサービスを提供。同社のソフトウェアは多くのクライアントにおいて採用されており、システム証跡監査ツール『ESS REC』は9年連続で市場シェア1位を確保しています。

同社が今回リアルグローブに対して実施した出資は、AIに関する高度な技術力の取り込みと、製品の差別化の実現を狙いとするもの。エンカレッジ・テクノロジはこれまでも、AI機能を製品へ搭載すべく、基礎研究に取り組んで来ました。AIの経験とノウハウを有するリアルグローブと組むことにより、AI活用製品をさらに強化するとしています。

「世界のすべてをWebAPI化」するリアルグローブ

リアルグローブは、「世界のすべてをWebAPI化」することで、適量生産適量消費・地産地消・持続可能が可能な社会の実現を目指している企業。社会にある様々な「現場」でAI・IoT・Roboticsといった「技術」の活用モデルを作り、社会実装を進めています。

エンカレッジ・テクノロジは今後も、リアルグローブと共に社会基盤としての製品・技術を提供し、新たな価値創造に取り組むとしています。

(画像はエンカレッジ・テクノロジの公式ホームページより)

▼外部リンク

AI技術を活用した製品強化を目的にリアルグローブ社へ出資 – エンカレッジ・テクノロジ株式会社
https://www.et-x.jp/news/?itemid=449&dispmid=523

LEAVE A REPLY

*
*
* (公開されません)

Return Top