BI online

ビジネスニュースをデータ活用の視点から幅広く配信

「AIスタッフ総合案内サービス」、埼玉県戸田市と静岡県袋井市が本格に導入

自治体へ本格導入されるのは、全国初

株式会社三菱総合研究所は、2019年4月10日、同社の『AIスタッフ総合案内サービス』が埼玉県戸田市と静岡県袋井市にて本格に導入されたと発表しました。

『AIスタッフ総合案内サービス』は、三菱総合研究所と日本ビジネスシステムズ株式会社、そして株式会社アイネスの3社が、自治体向けに開発しているAIチャットボットサービス。AIチャットボットサービスが自治体へ本格導入されるのは、全国初だといいます。

行政分野におけるAI活用を推進

日本では昨今、少子高齢化による労働力不足が生じています。そしてこの状態は今後より深刻なものとなり、行政分野にも波及することが予想されています。しかし一方で行政には、多様化するニーズやコミュニケーション手段の変化と共に、サービスのレベルアップが求められるようになりました。

こうした課題に対応すべく3社は、行政分野におけるAI活用を推進。その第一弾として『AIスタッフ総合案内サービス』を開発しました。同サービスは、自治体の制度や手続きに関する住民からの質問に対して、AIが回答するというチャットボットサービス。住民は、AIと対話することで、必要な情報を手軽に得ることが可能です。

試用を通じて効果を確認、本格導入に至る

3社は、2018年2月から3月にかけて『AIスタッフ総合案内サービス』の実証実験を、全国35自治体の協力を得て実施しました。同実験には、戸田市および袋井市も参加。両市は、同サービスの試用を通じて住民の利用状況や導入効果を確認し、今回の本格導入に至っています。

三菱総合研究所は今後も、多くの自治体における住民サービスの向上や業務効率化を、AI活用により支援するとしています。

(画像はプレスリリースより)

▼外部リンク

全国初、AIによる住民問い合わせ対応サービスを戸田市・袋井市が本格導入 – 株式会社三菱総合研究所
https://www.mri.co.jp/news/press/public_office/028589.html

LEAVE A REPLY

*
*
* (公開されません)

Return Top