BI online

ビジネスニュースをデータ活用の視点から幅広く配信

【自社資産が活用される】NTT東日本がe-Sports分野における事業展開を開始

国内主要通信事業者の本格参画

東日本電信電話株式会社(NTT東日本)は3月15日、e-Sports分野において事業展開を開始すること、またカプコン「ストリートファイターリーグpowered by RAGE」グランドファイナルへのICTサプライヤとしての参画することを発表しました。

自社のハードやノウハウ等を活用

近年、世界のe-Sports市場規模が拡大する中、我が国においても2019年の茨城国体でe-Sportsが文化プログラムに採用されるなど、e-Sportsに関する認知と市場が徐々に大きくなっています。最近では地域活性化を狙う自治体がe-Sportsの誘致を検討する動きも出てきているようです。

ただ、e-Sportsイベントの開催にあたっては、開催者において映像配信システムや大会会場の設定や設営などのハード面の環境構築と運用ノウハウに障壁があるという問題がたびたび指摘されてきました。

そこでNTT東日本は、e-Sportsを通じた地域活性化への貢献を狙い、自社の保有する通信ネットワークや通信ビル等のスペースを活用することで、e-Sportsイベントや関連施設へのICT環境の提供、またe-Sportsイベントの受託事業への取り組みをはじめるということです。

大会の会場間でオンライン対戦環境の構築も

事業展開の開始とともに、カプコン「ストリートファイターリーグpowered by RAGE」グランドファイナル大会へのICTサプライヤとしての参画も発表されています。

そこでの具体的な取り組みとしては、大会当日、NTT東日本青葉通ビル(宮城県仙台市)にパブリックビューイング会場を開設し、大会の模様をリアルタイムに映像配信すること、また秋葉原と宮城の両会場間で、来場者が空き時間にe-Sportsのオンライン対戦を体験できる環境を構築することが予告されています。

いずれもNTT東日本が保有する品質の高いネットワーク、建物設備および技術ノウハウが活用されるものです。

この他、発表の詳細が東日本電信電話株式会社の報道発表資料に掲載されています。

(画像は東日本電信電話株式会社公式サイトより)

▼外部リンク

東日本電信電話株式会社 報道発表資料
https://www.ntt-east.co.jp/release/

東日本電信電話株式会社公式サイト
https://www.ntt-east.co.jp/

LEAVE A REPLY

*
*
* (公開されません)

Return Top