BI online

ビジネスニュースをデータ活用の視点から幅広く配信

【スマホ決済の戦国時代】KDDIがスマホ決済サービス「au PAY」を提供開始

4月9日から全国の対象店舗で開始

4月4日、KDDI株式会社から、バーコードやQRコードをつかった新たなスマホ決済サービス「au PAY」の提供を開始することが発表されました。

提供開始は4月9日からで、全国のローソンをはじめ、今後サービス対象店舗が順次拡大される予定です。

「現金ジャラジャラ」からそろそろ卒業

「au PAY」は、アプリに表示されるバーコードやQRコードをサービス対象となっているお店のレジや端末で読み取ることで、買い物や支払いをキャッシュレスで完了できるスマホ決済サービスです。

特にauユーザーにはすでにおなじみの「au WALLETアプリ」から簡単な操作で使用できるものとなっており、いま群雄割拠の状態にあるスマホ決済(バーコード、QRコード決済)手段として後発ではあっても、auユーザーの支持をもとにメジャーな勢力の一角となることも予想されます。

コンビニの店頭やいろいろなお店の券売機などで、お財布を片手に「現金ジャラジャラ」と支払いをするビジネスパーソンはまだまだ数多いと思いますが、これを契機にキャッシュレスの早さ、便利さを試してみてはどうでしょうか。

チャージ方法の多彩さが大きな魅力

具体的には「au WALLET 残高」から支払いを行う形となります。残高のチャージには、クレジットカード、auショップ・ローソン店頭、またユーザーが持つ「au WALLET ポイント」を充当したり、「auかんたん決済 (通信料金合算支払い)」を用いたりと様々な方法が用意されています。

また今年の夏以降には、全国のセブン銀行ATMで現金チャージができるようになる(予定)ほか、残高不足時に自動でチャージをしてくれる「auかんたん決済 (リアルタイムチャージ)」のサービス開始も予定されているなど、さらにチャージ方法の幅が広がるようです。

プリペイド型のスマホ決済サービスの便利さは、決済時はもちろんですが、チャージ方法が多彩で手軽であるということがとても重要なポイントです。そこに様々な方法を用意してサービスを開始する「au PAY」、期待は大きく、今後の動向が非常に気になります。

・「QRコード」は株式会社デンソーウェーブの登録商標です

(画像はKDDI株式会社のニュースリリースより)

▼外部リンク

KDDI株式会社 ニュースリリース
https://news.kddi.com/

LEAVE A REPLY

*
*
* (公開されません)

Return Top