BI online

ビジネスニュースをデータ活用の視点から幅広く配信

Hmcommと安川電機、AI音声認識活用分野にて提携

産業技術総合研究所発のベンチャー企業

Hmcomm株式会社は、2019年4月4日、AI音声認識活用分野において株式会社安川電機と提携すると発表しました。

Hmcommは、国立研究開発法人産業技術総合研究所発のベンチャー企業であり、AI音声認識・自然言語処理テクノロジーによる音のソリューションの提案・提供を展開している企業。今回の提携においてHmcommは、安川電機より出資を受けています。

音のソリューションによる社会課題の解決を目指す

Hmcommは、「音から価値を創出し、革新的サービスを提供することにより社会に貢献する」という経営理念のもとで事業を展開。「音声認識を民主化し、キーボードレスの新しい社会を自ら創造する」というミッションを達成するべく、音声処理プラットフォーム『The Voice』や異音検知プラットフォーム『FAST-D』を開発し、音のソリューションによる社会課題の解決を目指しています。

安川電機は、モーションコントロール・ロボット・システムエンジニアリングといった産業用ロボット全般におけるメカトロニクス製品の製造を手がける企業。今回の提携では、「異音の自動検知」という新たな技術を安川電機の工場内にて活用し、業務の効率化や安全性の向上が図られます。

故障予知・見逃し防止を実現

製造業の生産プラント現場では、配管・モーター系・エンジン系・輸送系といった機械が稼働しています。しかし、中には設置時期が古いものも散在するため、安全面への懸念が指摘されていました。

Hmcommと安川電機の提携では、既存のセンシング機構に「異音の自動検知」という新たな技術を加えることで、多くの製造業の生産現場における故障予知・見逃し防止を実現するとしています。

(画像はHmcommの公式ホームページより)

▼外部リンク

Hmcomm株式会社
http://www.hmcom.co.jp/

Hmcomm、AI音声認識活用分野で安川電機と提携 – PR TIMES
https://prtimes.jp/main/html/rd/p

LEAVE A REPLY

*
*
* (公開されません)

Return Top