BI online

ビジネスニュースをデータ活用の視点から幅広く配信

あらゆるデータを可視化!クラウドBIダッシュボードをみずほ銀行が採用

ウイングアーク1stのBIツール

ウイングアーク1st株式会社は4月3日、みずほ銀行が業務効率への取り組みとして、クラウドBIダッシュボード「MotionBoard Cloud for Salesforce」を採用したと発表しました。

アクションにつなげるデータ分析

みずほ銀行では、2018年8月よりPOC(コンセプトの実証)の実施とツールの構築を行っていました。システムの整備を終え、2019年3月末より利用を開始ししています。

BIダッシュボード「MotionBoard Cloud for Salesforce」は、ビジネスのあらゆるデータを可視化し、スピーディーなアクションにつなげる分析ツールです。

多角的な分析や高度な分析もノンプログラミングで実現。専門知識も不要で、マウス操作のみでダッシュボード開発が可能です。また、様々なビジネスアプリケーション、クラウド、外部サービスと接続できます。

パフォーマンスの向上と業務効率化に

みずほ銀行では、同ツールを大企業・金融・公共法人部門の約800名が利用を開始しました。

予実管理や案件管理、活動管理の情報などをグラフで表示し、社内外のあらゆる情報をすべてリアルタイムで把握できるようになります。法人営業の業務効率化とパフォーマンスの向上が期待できるとしています。

(画像はプレスリリースより)

▼外部リンク

ウイングアーク1st株式会社のプレスリリース
http://www.wingarc.com/public/detail.php?id=879

ウイングアーク1stのプレスリリース(Dream News)
https://www.dreamnews.jp/press/0000192041/

LEAVE A REPLY

*
*
* (公開されません)

Return Top