BI online

ビジネスニュースをデータ活用の視点から幅広く配信

働き方改革への努力が集約!「働きがいのある会社ランキング・2019年版」発表

日本の「働きがいのある会社」は?

Great Place to Work(R) Institute Japan(GPTWジャパン)は2月8日、日本における「働きがいのある会社」ランキングを発表。2019年版は480社の企業がエントリーしました。

過去最高の480社がエントリー

このランキングは、参加企業と従業員にアンケートを行い、その結果を点数化、一定レベルを超えた会社を評価しています。

13回目となる2019年版は480の企業がエントリーし、過去最高の参加数となりました。その中で145社が、ベストカンパニーとして選ばれています。

145社がベストカンパニーに選出

一部を紹介すると、従業員1000名以上の『大規模部門』の上位は、1位が「セールスフォース・ドットコム」、2位が「Plan・Do・See」、3位「ディスコ」、4位「アメリカン・エキスプレス」、5位「プルデンシャル生命保険」となりました。

100~999名の『中規模部門』は1位「コンカー」、2位「サイボウズ」、3位「バリューマネジメント」、4位「freee」、5位「武蔵コーポレーション」。

22~99名の『小規模部門』では、1位「アトラエ」、2位「and factory」、3位「GRIT」、4位「イグニション・ポイントグループ」、5位に「iYell」が選ばれました。

GPTWジャパンは、従業員のやりがいにつながる真の「働き方改革」を成功させる工夫や努力をしている企業が評価されたとコメント。選ばれた企業それぞれの取り組みも紹介されています。

(画像はGPTWジャパンの公式ホームページより)

▼外部リンク

GPTWジャパンのプレスリリース
https://hatarakigai.info/news/2019/0208_158.html

LEAVE A REPLY

*
*
* (公開されません)

Return Top