BI online

ビジネスニュースをデータ活用の視点から幅広く配信

【小売店舗の救世主となるか】バーチャルキャラクターが店舗で接客するサービスを開発

店舗でVRキャラが接客

大日本印刷株式会社は3月5日、バーチャルキャラクターが小売店舗や商業施設などで、接客やデモンストレーションを行うサービスのプロトタイプを開発したと発表しました。

このサービスは、株式会社エクシヴィが開発したVR技術を用いてバーチャルキャラクターがリアルタイムに接客できるシステムが活用されたものです。

VR空間のバーチャルキャラクターと、現実でこれを操作する人物の動きを同期させて、遠隔地からキャラクターを操作し、商品紹介などの接客やデモンストレーションを行うという、非常に興味深い内容です。

小売店舗の悩みにVR技術が活きる

近年、多くの業界で人手不足が深刻となり、その克服が課題となっています。特に小売業界では販売店舗での接客要員の雇用確保が難しくなっています。

一方でわたしたち生活者においては電子商取引(EC)が広く普及し、リアル店舗はそれらの差別化をはかるべく、リアル店舗そのものに求められる機能の検討を迫られています。

そこで考えられたのが、今回発表されたサービス、つまりVR技術を用いて現実の販売員の業務を代替(人手不足を解消)し、かつ実際の商品に触れたり、試したりするような“コト体験”を顧客に提供(ECサイトとの差別化を実現)するものです。

サービスの流れと今後

このサービスは、バーチャルキャラクターの制作、キャラクターの動きと操作用のセンシングデバイスの設定、キャラクターを操作する人のキャスティング、店舗での映像表示用スクリーンや設置用什器などを設置、そして運用開始、というプロセスが想定されています。

それぞれの段階で大日本印刷の既存の技術、サービスが連動するものとなっており、そのことがサービス全体の付加価値を高めています。

なお大日本印刷は今後このサービスについて、小売業界や日用品・食品メーカーなどと共同で、店舗での検証やマーケティング調査を行うこととしています。調査を経た後、サービスの開始は2019年春を予定しているということです。

この他、詳細な情報が大日本印刷のサイトに掲載されています。

(画像は大日本印刷公式サイトより)

▼外部リンク

大日本印刷公式サイト「ニュース」
https://www.dnp.co.jp/news/

大日本印刷公式サイト
https://www.dnp.co.jp/

LEAVE A REPLY

*
*
* (公開されません)

Return Top