BI online

ビジネスニュースをデータ活用の視点から幅広く配信

明治大学ビジネススクールが「企業活動と不動産基礎セミナー」を開催

駿河台キャンパスで3月14日

明治大学ビジネススクール(MBS)はこのほど、3月14日に駿河台キャンパスにて「企業活動と不動産基礎セミナー」を開催することを発表しました。

同セミナーは日本の不動産ビジネスに関する最新の知識の共有、また不動産と影響し合う他のビジネス分野に関する理解の深化、さらに実業界と大学の交流の場として、四半期毎に行われているもので、今回で39回目の開催となります。

テーマは2本立て

今回のセミナーで取り扱われる予定のテーマは、「所有者不明土地問題の現状と今後」と「不動産プロフェッショナルのキャリア形成について」の2本です。

「所有者不明土地問題の現状と今後」では、株式会社三和不動産鑑定事務所の稲野邉俊氏により、身近にある所有者不明土地の現状と今後の見通し、またこれを発生させないための措置などについて、最新の議論、論点の解説が行われるということです。

また「不動産プロフェッショナルのキャリア形成について」では、MBS特任教授の村木信爾氏の私論を基調として、不動産のプロに求められる資質は何か、プロになるために必要な考え方・志向、経験が必要か、また有効な教育はどのようなものかといった論点について、参加者を交えての検討が行われる予定です。

実務上の論点を社外で検討する好機

今回のセミナーは参加費無料。ただし、受付で名刺一枚の提出が求められています。

社会人向けビジネススクールでは、こうした実務上の論点を取り上げたセミナーがたびたび開催されています。これまでMBAや学び直しそのものに興味がなかった社会人も、こうしたセミナーに、積極的に参加してみるのはどうでしょうか。新鮮な考え方が得られるかもしれません。

(画像は明治大学ビジネススクール公式サイトより)

▼外部リンク

【MBS】第39回「企業活動と不動産基礎セミナー」のご案内
https://www.meiji.ac.jp/

明治大学大学院グローバル・ビジネス研究科(ビジネススクール)公式サイト
https://www.meiji.ac.jp/mbs/index.html

LEAVE A REPLY

*
*
* (公開されません)

Return Top