BI online

ビジネスニュースをデータ活用の視点から幅広く配信

「データサイエンス・オンライン講座」、受講者の募集を開始!

無料で学べる!ビジネス・データサイエンス

総務省は2月19日、「社会人のためのデータサイエンス演習」の募集を開始しました。実践的なデータ分析の手法を学ぶことができるもので、登録料・受講料とも無料、誰でも参加できます。

将来の経済を担うために学ぶ、役立つ講座

同講座は、MOOC(Massive Open Online Courses)として日本政府が初めて取り組んでいるもので、将来の経済成長を担う「データサイエンス力」の高い人材育成を目的に、ビジネスでの活用を想定した実践的なデータ分析の手法を学ぶことができます。

ウェブ上で5週にわたって行われます。各週テーマを設けており、データサイエンスの概念や必要性、プロセスなどの知識、分析の事例や具体的な手法、比較方法や解釈などを学ぶことができます。

すべてオンラインで完結、修了証も取得できる

講義は週に5~6回で1回の学習時間は10分程度。データサイエンスに携わる専門家や大学教授などが動画で分かりやすく解説してくれます。また掲示板を通して、受講者同士で疑問や意見をぶつけ合ったり、 教え合ったりすることができます。

各週の確認テストによって理解度を深め、これらの確認テストと最終課題の得点率により、修了証を取得することができる流れとなっています。

講座の開講は2019年5月14日(火)を予定。専用のWEBサイトから誰でも無料で登録・受講が可能です。

(画像は総務省の公式ホームページより)

▼外部リンク

総務省のプレスリリース
https://www.stat.go.jp/

LEAVE A REPLY

*
*
* (公開されません)

Return Top