BI online

ビジネスニュースをデータ活用の視点から幅広く配信

環境庁 2018年旅行・観光消費動向調査結果を公表

旅行・観光消費動向調査の2018年年間値、10-12月期

環境庁は、旅行・観光消費動向調査の2018年年間値、10-12月期の調査結果を、2月20日に発表しました。

旅行消費額、日帰り・宿泊どちらもマイナス

日本人の国内旅行消費額は、20兆5,160億円。前年は21億11,130億円だったので、前年比で2.8%マイナスという結果になりました。

日帰り旅行消費額でみると、15兆8,326億円で前年から1.5%マイナス。宿泊旅行消費額だと、4兆6,834億円で前年から6.9%プラスでした。日帰り・宿泊旅行消費額は、2015年から2017年まで連続で前年比がプラスでしたが、2,018年度ではどちらも前年比マイナスとなっています。

国内旅行者数13.0%マイナス

日本人国内延べ旅行者数は、5億6,316万人で前年度比13.0%マイナスとなりました。

日帰り旅行者数は2億7,128万人で前年比16.3%マイナス。宿泊旅行者数は、5億6,316万人で前年比9.7%、消費額同様、旅行者数も日帰り・宿泊共に前年からマイナスです。

旅行単価は前年比11.7%でプラスに

日本人国内旅行の1人1回当たり旅行単価は、36,430円/人で前年から11.7でプラス。2011年以降、旅行単価が33,000円を超えるのは2,018年度が初でした。内訳をみると、日帰り旅行は前年から11.2%プラス、宿泊旅行は前年から9.1%プラスとなりました。

2018年10ー12月期、過去4年間で最低値

2018年10-12月期の日本人国内旅行消費額は、4兆6,072億円で前年同期から8.4%マイナスとなり、日帰り・宿泊旅行も前年同期からマイナスで、過去4年間で最低値をたたき出しました。

旅行単価、2018年4期すべてプラスへ

10-12月期の日本人国内旅行の1人1回当たり旅行単価は、36,605円/人。前年同期から8.8%プラスとなり、2018年は4期すべて前年同期がプラスになりました。

2018年分「旅行・観光消費動向調査」

環境庁は、2018年分の「旅行・観光消費動向調査」は2019年4月末頃を予定しています。

(画像は、環境庁から)

▼外部リンク

環境庁
http://www.mlit.go.jp/kankocho

LEAVE A REPLY

*
*
* (公開されません)

Return Top