BI online

ビジネスニュースをデータ活用の視点から幅広く配信

博報堂DYメディアパートナーズ、アーリーワークスと業務提携~ブロックチェーン型超高速データベース「Grid Ledger System」を活用したソリューションを提供~

メディア・コンテンツビジネスを創造する博報堂DYメディアパートナーズ(本社:東京都港区、代表取締役社長:矢嶋弘毅、以下博報堂DYメディアパートナーズ)は、6月9日、株式会社アーリーワークス(本社:東京都台東区、代表取締役:小林聖、以下アーリーワークス)と業務提携し「Grid Ledger System」を活用したソリューションを提供すると発表しました。

(画像はPR TIMESより)

この提携により、博報堂DYメディアパートナーズのメディア企業とのネットワーク、博報堂DYメディアパートナーズ内のdApps新規事業開発プロジェクト「PlayAsset」のブロックチェーンに関する知見、アーリーワークスが開発したブロックチェーン型超高速データベース「Grid Ledger System(以下、「GLS」)」を融合させ、ブロックチェーンを活用した企画開発からシステム開発まで、一気通貫したソリューションが提供できる体制を構築します。

市場背景:
テクノロジーの進化により、日常のあらゆるモノがメディアになるIoT時代を迎えております。そして、IoTをはじめ、インターネットに繋がっているメディアが増えると、メディアから生み出されるデータ量は飛躍的に増えます。
そのため、 この膨大なデータを安全に収集・管理し、的確に利用することができるデータベースの構築が 近い将来求められます。

データベースの重要な要素としては「スピード」「スケーラビリティ」「セキュリティ」の3つがありますが、従来のデータベースはスピードとスケーラビリティを出すために大規模なサーバーを設置し、サーバーを守るためのセキュリティに高いコストをかける必要がありました。このコストを下げるために、改ざん耐性の高いブロックチェーン技術を活用することが考えられますが、完全分散型の従来のブロックチェーンでは全てのノードが同じ処理を行うため、従来のデータベース並みの処理スピードが出せず、ビジネス利用には難しい側面がありました。

Grid Ledger System:
アーリーワークスの「GLS」は従来の完全分散型ブロックチェーンではなく、一部に中央集権的な発想や、DAGと呼ばれる取引ごとに承認が可能な高速化技術を取り入れることで、従来のデータベースではコストの観点から実現することが難しかった高いセキュリティを担保しながら、スピードとスケーラビリティも実現することを可能にしました。この「GLS」を活用することで、これから生まれてくる様々なビジネスアイディアを実現し、メディアの成長を支えていくことが可能になります。

同社は、「メディア効果をデザインする」を理念に掲げ、メディア取引 / 生活者データマーケティング / スポーツ・エンタテインメント関連事業 / 最先端のアドテクノロジーの研究・開発などに取り組んでいます。

社 名 :株式会社博報堂DYメディアパートナーズ
代表者 :矢嶋 弘毅
URL :http://www.hakuhodody-media.co.jp/
業 種 : 広告業

▼外部リンク
https://prtimes.jp/main/html/rd/p/000000034.000038657.html

LEAVE A REPLY

*
*
* (公開されません)

Return Top