BI online

ビジネスニュースをデータ活用の視点から幅広く配信

「Oracle Analytics for Cloud HCM」人事部門の意思決定を強化

データベース管理システム(DBMS)を中心とした企業向けソフトウェアの開発、販売を行っているオラクルは、5月28日、人事部門の意思決定の強化とビジネス・パフォーマンス向上を実現する「Oracle Analytics for Cloud HCM」の提供開始を発表しました。

同サービスは、「Oracle Analytics Cloud」をベースに開発され、組織全体から生成されるデータを総合的に判断することを可能にし、人事担当幹部、アナリスト、業務部門の管理職に人材管理に関する深い洞察を提供します。

(画像はPR TIMESより)

【機能】

部門横断型データ・モデル
「Oracle Cloud HCM」内の大量の業務データの分析を迅速化し、データ・モデルは、柔軟に拡張可能な「Oracle Autonomous Data Warehouse」内に存在し、業務部門間の整合を維持します。

KPIおよびダッシュボード・ライブラリ
50以上の人事向けKPI、ダッシュボード、主要人事指標(人員構成、離職/リテンション、チーム有効性など)のレポートを提供します。
・従業員動態、管理の範囲、雇用・昇進ステータス
・離職(自主的/非自主的)とリテンション
・ダイバーシティの統計と傾向
・報酬の傾向と比率
・優秀人材比率

高度なアナリティクス
以下の主要分野を分析することで時間、負担、計算ミスを削減します。
・優秀人材のリテンション
・報酬別離職率
・チーム有効性
・管理の範囲
・ダイバーシティ

ビジネスに適合する進展性
Oracle Applications、オラクル製品以外のアプリケーション、その他外部データソースからのデータによって「Oracle Cloud HCM」のデータを補強します。

同社は、セールス、サービス、マーケティング、人事、経理・財務、製造などを網羅する広範なアプリケーション群、「Oracle Autonomous Database」に代表される、高度に自動化され、高いセキュリティを備えた第2世代インフラストラクチャを提供しています。

▼外部リンク
https://prtimes.jp/main/html/rd/p/000000006.000057729.html

LEAVE A REPLY

*
*
* (公開されません)

Return Top