BI online

ビジネスニュースをデータ活用の視点から幅広く配信

ディーバ、ガバナンス強化のクラウドサービスを提供開始 ~第一弾としてグループ経営ダッシュボード「DIVA Compass」をリリース~

株式会社ディーバ(本社:東京都港区)は、2020年4月22日、グループ経営情報分析クラウドサービス「DIVA Compass」をリリースしたと発表しました。

「連結会計のディーバ」から「グループ経営のディーバ」へ

ディーバは、「DivaSystem LCA」など、連結会計システムの国内トップシェアを持つソフトウェアメーカー。経済産業省による『グループ・ガバナンス・システムに関する実務指針』で示されている通り、グループ経営において、ガバナンス強化の重要性が年々高まっています。 同社では、グループ経営を支援するため、 連結会計+ガバナンス強化に繋がるクラウドサービスを提供する予定です。
今後の方針として、「企業価値分析」、「海外子会社ガバナンスの強化」、「非財務情報マネジメント」の各領域を支援するソフトウェア/サービスを順次リリースしていくとのことです。

「DIVA Compass」リリースの背景

日本の多角化企業は、以下の課題があるといわれています。

・「P/Lが重視されており投資家の視点として企業価値経営に必要な資産、資本の効率性を適切に把握できていない」
・「特に多角化企業では事業別B/S(バランスシート)が整備できている会社が少数であり、事業の効率性を考慮した評価ができていない」

上記の課題 に対して「DIVA Compass」は、 以下3つの特徴を備えています。

①自社の企業価値を把握する
②他社・業種と比較する
③事業別価値を把握する

「DIVA Compass」の特長

①自社の企業価値の構造としての経営情報の把握
・『グループ・ガバナンス・システムの実務指針』に沿った経営指標を予め用意
・連結会計システムに蓄積されたデータを取り込むことで、事業毎やグループ会社毎の経営指標をグラフィカルにレポーティング

②他社・業種との比較
・日本の全上場企業の開示情報を500以上のオリジナル業種区分で分類済み
・開示情報と比較を行うことで自社と他社・業種の経営指標を比較し、客観的なポジショニング分析が可能

③事業価値の把握
・上記の開示情報を利用することにより、事業を評価する上で不可欠な事業別B/S(バランスシート)や事業価値(バリュエーション)を自動的に算出(特許出願中)
・事業別のデータが揃っていなくてもすぐに分析開始可能

料金は、年間90万円~。サブスクリプション方式での提供。

(画像はPR TIMESより)

▼外部リンク

https://prtimes.jp/main/html/rd/p/000000126.000016467.html
https://www.diva.co.jp/news/20200422_compass/

LEAVE A REPLY

*
*
* (公開されません)

Return Top