BI online

ビジネスニュースをデータ活用の視点から幅広く配信

【PB-010-140-D 】
Power BIで折れ線と縦棒グラフを作成する手順

使用例

売上の推移と2種類の製品の販売数量を日付ごとに見る。

種類の異なる数値を表す複合グラフ。

概要

下記グラフの作成手順を記載します。

PB-010-140-D 折れ線と縦棒グラフ

詳細手順

折れ線および集合縦棒グラフは、下記手順に従って設定ください。

① 視覚化ウィンドウで「折れ線および集合縦棒グラフ」を選択

② 共通の軸:グラフの横軸に設定する項目を選択

  例では、[T_売上]テーブルの[日付] をドラックアンドドロップ

③ 各種の値:棒グラフの高さを表す数値項目(Σ)を選択

  例では、[T_売上]テーブルの[値1] をドラックアンドドロップ

④ 線の値:線グラフのひとつめの高さを表す数値項目(Σ)を選択

  例では、[T_売上]テーブルの[値2] をドラックアンドドロップ

⑤ 線の値:線グラフのふたつめの高さを表す数値項目(Σ)を選択

  例では、[T_売上]テーブルの[値4] をドラックアンドドロップ

説明

関連リンク

LEAVE A REPLY

*
*
* (公開されません)

Return Top