BI online

ビジネスニュースをデータ活用の視点から幅広く配信

AI骨格検出エンジン「VisionPose」、トヨタのリハビリ支援ロボットに導入

映像・画像などから人間の骨格情報を検出

株式会社ネクストシステムは、2020年2月21日、同社のAI骨格検出エンジン『VisionPose』をトヨタ自動車株式会社のリハビリテーション支援ロボットに提供したと発表しました。

『VisionPose』は、映像・画像などから人間の骨格情報を検出できるAIエンジン。同エンジンを提供されたトヨタのロボットは、新機能を実現するに至っています。

導入企業はシリーズ累計で100社を超える

ネクストシステムは、AIやxR(AR/VR/MR)といった最先端システムの研究開発を手がける企業です。カメラ映像や画像、また動画ファイルなどから人間の骨格情報を検出できるAIエンジンとして、『VisionPose』を独自に開発しました。

同社は『VisionPose』を、高精度な骨格検出ができる「Standard」や、手軽な研究開発用骨格検出プラットフォーム「Nano」などの形で展開。また、Windows・Linux・iOSと幅広いプラットフォームに対応するSDKとしても販売しており、導入企業はシリーズ累計で100社を超えています。

トヨタの『ウェルウォークWW-2000』に導入

今回『VisionPose』の提供が発表されたのは、下肢麻痺のリハビリテーション支援を目的とするトヨタのロボット『ウェルウォークWW-2000』。同ロボットにおいて『VisionPose』は、患者の歩行状態をリアルタイムに検出することで、歩行分析ガイド機能やゲーム機能といった新機能の実現に寄与しています。

ネクストシステムは今後も、ディープラーニングを利用した骨格解析技術により、社会への貢献を目指すとしています。

(画像はプレスリリースより)

▼外部リンク

トヨタの『ウェルウォークWW-2000』に『VisionPose』を提供 – 株式会社ネクストシステム
https://www.next-system.com/topics/release/post=6053

LEAVE A REPLY

*
*
* (公開されません)

Return Top