BI online

ビジネスニュースをデータ活用の視点から幅広く配信

「データドリブン農業」を構築。「食べチョク」、「Agri Palette」と連携

事前に収入が予測できる農業を実現へ

株式会社ビビッドガーデンは、2020年2月20日、株式会社Momoの農業向けIoTキット『Agri Palette』と連携すると発表しました。

ビビッドガーデンは、オンラインマルシェ『食べチョク』を運営する企業。『Agri Palette』との連携では、事前に収入が予測できる「データドリブン農業」の構築が目指されます。

栽培データと顧客評価の統合を企図

近年、農法や作業における効率化および改善をもたらす技術として、農業IoTは大きな注目を集めるようになりました。しかし現状としては、サーバへデータを送る農業IoTデバイスが一般農家に普及しておらず、勘と経験に依存した農作物栽培はまだまだ続いています。そのため、収穫の最終段階まで収入が不確定となることが課題化していました。

生産者から直接食材を買うことができるオンラインマルシェとして『食べチョク』を運営するビビッドガーデンは、農業におけるこうした現状を憂慮。『食べチョク』で高評価を得ている農家に『Agri Palette』を導入することで、土壌EC・温度・水分・土壌Phなどの栽培データと、顧客評価の統合を企図しました。

様々な企業とのデータ連携も進める

Momoの『Agri Palette』は、農作物に必須となる土壌・空気・日照量のデータを畑から取得し、アプリにて可視化するセンサーシステム。この『Agri Palette』を導入することでビビッドガーデンは、収穫前に収入の予測がつく「データドリブン農業」を実現させるとしています。

ビビッドガーデンは今後も、様々な企業とのデータ連携を進めていく予定とのことです。

(画像はプレスリリースより)

▼外部リンク

株式会社ビビッドガーデン
https://vivid-garden.co.jp/

センサリングサービスとの連携第一弾。データドリブン農業を構築。 – PR TIMES
https://prtimes.jp/main/html/rd/p/

LEAVE A REPLY

*
*
* (公開されません)

Return Top