BI online

ビジネスニュースをデータ活用の視点から幅広く配信

インフィニティーオクターバー、データ自動連携ツール「WMSES」を4月発売

ERP・OMS・WMS間のデータを、自動で連携

合同会社インフィニティーオクターバーは、2020年2月20日、データ自動連携ツール『WMSES』の販売を同年4月1日より開始すると発表しました。

同社は、アプリケーション開発・販売およびEC物流コンサルティングを手がける企業。『WMSES』は、ERP(基幹系システム)やOMS(受注管理システム)、WMS(倉庫管理システム)といった各種システム間のデータを、自動で連携するものとなっています。

出荷トラブル軽減にも寄与

近年、多くの企業がそれぞれの用途に対応した形で、複数の業務システムを採用するようになりました。EC事業者においても、顧客からの注文を適正に処理するOMSや、在庫実数を管理するWMS、また会計業務を扱うERPなどが多く導入されています。

しかしインフィニティーオクターバーは、EC事業者におけるこれらシステムの組み合わせ利用では、データ連携の際に変換作業が伴うことを課題視。手動で行われていたこれらの作業の手間を解消すべく、『WMSES』を開発しました。既に30社余りで利用されており、物流関連事業者における出荷トラブル軽減にも寄与しています。

口コミを背景として、照会が増加

インフィニティーオクターバーはこれまで、『WMSES』の積極販売は行っていませんでした。しかし、利用企業の口コミを背景として、『WMSES』に関する同社への照会が増加。これらの期待に応えるべく、今回の販売開始は決定されたとのことです。

同社は今後も、アプリケーションサービスとコンサルティングサービスの提供を軸として、EC物流の最適化に貢献するとしています。

(画像はpixabay.comより)

▼外部リンク

合同会社インフィニティーオクターバー
http://www.infinity-octaver.com/

EC関連の各種システム間データ自動連携ツールの販売を開始 – PR TIMES
https://prtimes.jp/main/html/rd/p

LEAVE A REPLY

*
*
* (公開されません)

Return Top