BI online

ビジネスニュースをデータ活用の視点から幅広く配信

デイアライブ、Web・デジタルマーケティング支援サービス「SURGE」の詳細を公開

Web・デジタル担当者を低コストでサポート

株式会社デイアライブは、2020年2月20日、同社が提供を予定しているWeb・デジタルマーケティング支援サービス『SURGE』について、サービス詳細・プランを公開しました。

デイアライブは、Webプロモーション事業やWebメディア事業を展開している企業。『SURGE』は、地域や企業のWeb・デジタル担当者を低コストでサポートするサービスとして、2020年春に提供が開始されます。

3つのサポートを提供

今回の発表によると『SURGE』では、「学べるコンテンツ」「便利なツール」「直接話せるアドバイザー」という3つのサポートが提供されます。

「学べるコンテンツ」は、Web・デジタル担当者の現場での業務に役立つ知識を提供するというもの。空き時間などに自分のペースで学べるよう、提供はスライド形式で行われます。

「便利なツール」では、業務が多岐にわたるWeb・デジタル担当者を支援すべく、コンセプトシートやKPI設定シートなど各種ツールを提供。「直接話せるアドバイザー」では、テレビ会議や訪問でのセミナーなどでアドバイザーが課題解決を支援します。

1契約で10アカウントまで利用が可能

今回の発表では、『SURGE』の提供形態も明らかにされました。『SURGE』は、「Basicプラン」「Standardプラン」「Advancedプラン」の3プランにて提供され、いずれも初期費用なしの年間契約となります。なお、1契約で10アカウントまで利用が可能とのことです。

(画像はプレスリリースより)

▼外部リンク

『SURGE』サービス詳細・プランを公開 – 株式会社デイアライブ
https://dayalive.jp/news/516/

LEAVE A REPLY

*
*
* (公開されません)

Return Top