BI online

ビジネスニュースをデータ活用の視点から幅広く配信

不動産情報サービスのアットホーム、「スーパーシティ・オープンラボ」に参画

AIやビッグデータを活用する『スーパーシティ』

アットホーム株式会社は、2020年2月20日、『スーパーシティ・オープンラボ』に参画すると発表しました。

アットホームは、不動産情報サービスを展開している企業。『スーパーシティ・オープンラボ』は、AIやビッグデータを活用する未来都市『スーパーシティ』の実現を加速させるべく、内閣府や企業によって設立された組織です。

参画事業者が知見や先端技術を発信

『スーパーシティ』構想は、2020年2月4日、その実現に向けて国家戦略特区法改正案が閣議決定されました。同構想では、生活全てに最先端技術が導入された「まるごと未来都市」の実現を企図。自動走行・自動配達・キャッシュレス決済・遠隔医療・遠隔教育など、あらゆる形で「未来の暮らし」の先行実現が目指されます。

『スーパーシティ・オープンラボ』は、この『スーパーシティ』構想の実現のため、2019年6月に設立されました。参画しているのは、内閣府および『スーパーシティ』に取り組む70以上の企業。それぞれの参画事業者が知見や先端技術を発信することで、『スーパーシティ』に取り組む全国の自治体をサポートしています。

『スーパーシティ』に取り組む全国の自治体をサポート

アットホームは、先端のテクノロジーを活用して不動産取引をスマート化する『スマートシリーズ』を提供しています。このサービスが、『スーパーシティ』構想において全国の自治体のサポートにつながると、同社は判断。今回の『スーパーシティ・オープンラボ』参画に至ったとのことです。

同社は今後、スマートな不動産取引の提供を通して、『スーパーシティ』構想の実現に取り組む全国の自治体をサポートするとしています。

(画像はプレスリリースより)

▼外部リンク

『スーパーシティ・オープンラボ』に参画 – アットホーム株式会社
https://athome-inc.jp/

LEAVE A REPLY

*
*
* (公開されません)

Return Top