BI online

ビジネスニュースをデータ活用の視点から幅広く配信

プログラミング不要のAI構築プラットフォーム「Humanome Eyes Workstation」発売

プログラマが不在の組織でもAIのトライアルが可能

株式会社ヒューマノーム研究所は、2020年2月18日、プログラミング不要のAI構築プラットフォーム『Humanome Eyes Workstation』の販売を開始しました。

ヒューマノーム研究所は、AI技術の開発・活用を通じて健康社会の実現を目指す研究所。『Humanome Eyes Workstation』は、プログラマが不在の組織でもAIのトライアルを可能にし、トライアルコストの削減を実現するプラットフォームです。

AI作成への第一歩を後押しする統合システム

近年、AIの活用が社会の至る所で進むようになると同時に、AI開発を先導するデータサイエンティストやプログラマの人材不足が社会課題となり始めました。こうした状況においてヒューマノーム研究所は、企業・組織が自らトライアルAIを容易に作れるプラットフォームの必要性を認識。『Humanome Eyes Workstation』の開発に至りました。

『Humanome Eyes Workstation』は、AIの代表例である物体検知モデルを、プログラムを1行も書くことなく開発できるというもの。開発において初学者がつまずくポイントを取り除き、AI作成への第一歩を後押しする統合システムとなっています。

生活の様々な場面におけるAI活用を広げる

『Humanome Eyes Workstation』は、AI開発に適した構成のハードウエアに、AI学習環境とプログラミングレスなアノテーションツールをセットアップした形で、提供されます。受け取ったその日から開発に専念できると共に、AI教育用途としても活用できるとのことです。

ヒューマノーム研究所は『Humanome Eyes Workstation』を通じて、生活の様々な場面におけるAI活用を広げるとしています。

(画像はプレスリリースより)

▼外部リンク

『Humanome Eyes Workstation』販売開始のお知らせ – 株式会社ヒューマノーム研究所
https://humanome.jp/humanome-eyes-workstation/

プログラミング不要でAIを開発可能『Humanome Eyes Workstation』販売開始 – PR TIMES
https://prtimes.jp/main/html/rd/p/

LEAVE A REPLY

*
*
* (公開されません)

Return Top