BI online

ビジネスニュースをデータ活用の視点から幅広く配信

最適な人材を育成。スカイディスク、「製造業向けAI人材育成サービス」提供開始

企業が持つ課題に合わせてプログラムを編成

株式会社スカイディスクは、2020年2月19日、『製造業向けAI人材育成サービス』の提供を開始したと発表しました。

スカイディスクは、製造業に特化したAIサービスを提供している企業。『製造業向けAI人材育成サービス』は、顧客企業が持つ独自の課題に合わせた形でAI教育プログラムを編成・提供し、最適なAI人材を育成するというものです。

現場における適切な運用まで視野に入れる

スカイディスクはこれまで、150を超えるプロジェクトにおいて製造業のAI導入に携わってきました。この業務の中で同社は、「AIを操れる人材がいない」といった理由からAI導入に踏み切れない企業が多いと判断。現場における適切な運用まで視野に入れた形で、AI人材を育成する必要があると考えました。

こうした背景から提供が開始された『製造業向けAI人材育成サービス』では、顧客の現場状況に応じて教育プログラムがカスタマイズされます。一例として、営業メンバーなどを対象として
「AIが何に使えるか、使えないかを判断できる」状態を目指す場合、3日間のプログラムが編成されるとのことです。

製造業における課題解決とAI導入を加速させる

『製造業向けAI人材育成サービス』で提供されるコンテンツは、スカイディスクがこれまで手がけたAI開発案件で培われた解析知見を活用したもの。これらの知見を、より実践的かつ顧客企業の課題解決にマッチした内容で提供するとしています。

同社は今後も、より実践的な「現場にAIを導入する社内人材」を育成し、製造業における課題解決とAI導入を加速させるとのことです。

(画像はプレスリリースより)

▼外部リンク

「製造業向けAI人材育成サービス」を提供開始 – 株式会社スカイディスク
https://skydisc.jp/information/2202/

LEAVE A REPLY

*
*
* (公開されません)

Return Top