BI online

ビジネスニュースをデータ活用の視点から幅広く配信

日本テラデータ、データサイエンス基礎ハンズオントレーニングを東京で3月開催

企業におけるAI人材不足の解消に貢献

日本テラデータ株式会社は、2020年3月3日、トレーニングプログラム『データサイエンス基礎ハンズオントレーニング』を東京・赤坂にて開催します。

同社は、データ・アナリティクス・ソフトウェアのリーディング・プロバイダーを自認するテラデータ・コーポレーションの日本法人。今回のプログラムは、企業におけるAI人材不足の解消に貢献すべく開催されるものです。

「分析の民主化」こそが真の解決策

近年、多くの企業がDX(デジタルトランスフォーメーション)の取り組みを開始し、先進的なデータ分析によるビジネス成果への期待も上がり始めました。しかしその一方で、一般のビジネスユーザーがデータ分析を行うのはまだまだ困難であり、専門的なデータサイエンティストは人材不足の状況が続いています。

日本テラデータはこうした課題について、「分析の民主化」こそが真の解決策になると判断。専門的な知識が必要なデータ分析を、より広範囲に活用できるようにすることが重要であると考えました。今回のトレーニングプログラムは、こうした同社の考えのもとに開催されるものです。

先進的なデータ分析を体験および学習できる場

同プログラムでは、ビジネス成果を実現するための分析シナリオで、顧客行動の経路分析やアトリビューション分析、4次元分析などの演習を実施。先進的なデータ分析を体験および学習できる場の提供を通じて、AI人材不足の解消を目指すとしています。

『データサイエンス基礎ハンズオントレーニング』は、3月3日、東京都港区赤坂『アークヒルズ フロントタワー』15Fの日本テラデータ本社にて開催。

(画像はpixabay.comより)

▼外部リンク

『データサイエンス基礎ハンズオントレーニング』を開催 – 日本テラデータ株式会社
https://www.teradata.jp/Press-Releases/2020/DS_Hands-on

LEAVE A REPLY

*
*
* (公開されません)

Return Top