BI online

ビジネスニュースをデータ活用の視点から幅広く配信

北海道大学、ソフトバンクと共同でチョウザメのスマート養殖研究を開始

IoT、AI活用、チョウザメスマート養殖の共同研究を開始

2020年2月13日、国立大学法人北海道大学大学院水産科学研究院とソフトバンク株式会社は2020年2月からチョウザメのスマート養殖共同研究プロジェクトを開始したと、発表しました。同研究にIoTとAIを使用しています。

研究の経緯と内容

チョウザメの養殖には、高いコストがかかっていました。卵を産むまでの飼育は6年以上必要で、雌か雄かの区別に2~3年の期間が必要です。また、環境の変化で全滅するリスクもありました。

以上のことから、共同で最新のIoTやAIを使用した行動解析を行うことで、リスクの軽減と課題解決を目指すことになりました。行動解析には機械学習を用い、異常行動の早期発見や病気のまん延防止、養殖環境の異常の検知を行い、全滅を防ぐ方法を探ります。また、IoT機器でリアルタイムに収集する、水中や水上の画像データ、環境情報データの分析の他、リアルな筋骨格の3DCGを再現します。

世界的にも稀な精巧な魚の3DCGを普及させ、養殖を含む水産業や教育、研究開発などの分野に貢献する予定です。この研究で、低価格での実現方法を確立し、IoTやAIを使用した養殖方法の確立を目指しています。

役割分担

同研究は、2020年2月1日~2023年1月31日までの期間で行います。

同大では、チョウザメの飼育、筋骨格モデル解剖学見地からの調査および水流シミュレーションを行います。ソフトバンクは、画像解析や機械学習による個体識別および行動分析、神経科学見地からの動きの生成およびCG生成を行います。

(画像は北海道大学プレスリリースより)

▼外部リンク

北海道大学 プレスリリース
https://www.hokudai.ac.jp/news/200213_pr2.pdf

LEAVE A REPLY

*
*
* (公開されません)

Return Top