BI online

ビジネスニュースをデータ活用の視点から幅広く配信

AI技術の活用促進を支援するdataremer、AI事業の内容をリニューアル

「AIデータラベリング事業」「AIアウトソーシング事業」

株式会社dataremerは、2020年2月13日、同社の事業内容を「AIデータラベリング事業」「AIアウトソーシング事業」としてリニューアルしたと発表しました。

dataremerは、顧客の事業や業務におけるAI技術の活用促進をサポートしている企業です。今回のAI事業リニューアルは、AI導入時の立ち上げから運用にまで至るまでの支援を行うべく、実施されています。

「AIを育てる」作業において支援を提供

近年、AI技術やAIを活用したサービスへの積極的な取り組みが、企業の間で広がりを見せています。少子高齢化による労働力不足解消や生産産性向上を実現すべく、比較的小規模な企業であってもAIに取り組むケースは、今では少なくありません。

しかしAIは、従来のITシステムと異なり、導入後に「AIを育てる」作業が必要となります。dataremerは、この「AIを育てる」作業が多くの企業にとって障壁になると判断。支援を行うべくサービス提供範囲の拡大を決定し、今回の事業リニューアルに至りました。

「人と、“テクノロジー”をつなぐ」

リニューアルされたdataremerの「AIデータラベリング事業」では、AIトレーナーとAIシナリオプランナーが学習データの作成・加工を実施。「AIアウトソーシング事業」では、AI AMO(AI運用保守サポート)とAI BPO(AIトレーナーアウトソーシング)が提供されます。

同社は今後も、「人と、“テクノロジー”をつなぐ」をミッションとして、新たな価値の提供と豊かな社会の実現を目指すとのことです。

(画像はプレスリリースより)

▼外部リンク

株式会社dataremer
https://www.dataremer.com/

dataremerが事業ラインナップをフルリニューアル – PR TIMES
https://prtimes.jp/main/html/rd/p/

LEAVE A REPLY

*
*
* (公開されません)

Return Top