BI online

ビジネスニュースをデータ活用の視点から幅広く配信

電通国際情報サービス、AIトランスフォーメーションセンターを設置

顧客企業のDXにおいてAI活用を支援

株式会社電通国際情報サービス(以下「ISID」)は、2020年2月10日、AIトランスフォーメーションセンターを設置したと発表しました。

同社は、顧客や社会の課題を解決する様々なITソリューションを提供している企業。同センターは、同社のAI人材・知見を集約した横断組織で、顧客企業のDX(デジタルトランスフォーメーション)においてAI活用を支援するとのことです。

2016年にAI専任組織を設置済み

近年、多くの企業がDXを推進し、AIを活用した事業創出や業務革新も本格化させています。

こうした状況に対応すべくISIDも2016年にAI専任組織を設置。AIモデル構築や因果分析サービス、また動作予測・予兆検知サービスといったAIソリューションを業務ごとの特性に応じた形で提供してきました。

また2019年には、テクノロジー・業界・企業・地域等の枠を超えた「X Innovation(クロスイノベーション)」の推進を3カ年の中期経営計画の中で提唱。今回のAIトランスフォーメーションセンター設置は、こうした取り組みをより一層加速させるべく行われています。

顧客企業内におけるAI人材育成の支援も

ISIDのAIトランスフォーメーションセンターでは、顧客ビジネス課題解決のためのAI製品企画・開発や、AIサービス提供のための全社横断サポート、また顧客企業内におけるAI人材育成の支援などが提供されます。全事業領域において、顧客企業に対する付加価値の最大化を目指すとのことです。

同社は今後も、顧客企業・生活者・社会に寄与する新しい価値を提供するとしています。

(画像はpixabay.comより)

▼外部リンク

AIトランスフォーメーションセンターを設置 全社の人材・知見を集約 – 株式会社電通国際情報サービス
https://www.isid.co.jp/news/release/2020/0210.html

LEAVE A REPLY

*
*
* (公開されません)

Return Top