BI online

ビジネスニュースをデータ活用の視点から幅広く配信

AUTOMATIST、AI人材採用サービスを提供開始

AI人材採用の効率化、サービスの提供を開始

2020年2月3日、株式会社オートマティストはARA(Automatis’s Recruiting Automation)を発表し、リリースしました。このサービスは、Webサイトから提供を開始しています。

ARAサービスの概要

同サービスは企業のAI人材採用業務の効率化を図るため、開発されました。

まず、求人に登録した応募者の基礎力チェックを行い、同社が開発したAI基礎力診断モジュールで、レーダ化します。採用担当者は、素早く応募者の基礎力をビジュアルで確認できます。

採用担当者はARA Basicを応募者に受けるよう、指示するだけです。このモジュールはテスト形式で、スマートフォンから10分でできます。ビジネスパーソンだけでなく、エンジニアにも対応しています。価格は1人あたり1,200円(税別)です。

巣籠塾検定とは

採用試験が進むと、さらに高度で多面的な視点でのチェックが必要になります。その際、使用するのは同社が開発した、日本で最も難易度が高い「巣籠塾検定」です。

この検定は、ビジネスパーソン系とエンジニア系と2種類提供されています。同検定でA~Dにランク分けされ、専門項目毎の評価が出ます。採用担当者は、レーダーチャートとして、ビジュアル化されたフィードバックを受け取れます。

価格は、ビジネスパーソン系1人あたり14,000円(税別)、エンジニア系1人あたり33,000円(税別)となっています。

(画像は株式会社オートマティスト プレスリリースより)

▼外部リンク

株式会社オートマティスト プレスリリース
https://automatist.ai/

LEAVE A REPLY

*
*
* (公開されません)

Return Top