BI online

ビジネスニュースをデータ活用の視点から幅広く配信

シャープ、「ロボホン」を活用した小学校向けAI教育プログラムを開発

前原小学校において実証授業も実施

シャープ株式会社は、2020年2月7日、 同社のコミュニケーションロボット『RoBoHoN(以下『ロボホン』)』を活用した小学校向けAI教育プログラムを開発したと発表しました。

このプログラムは、楽しく学びながらディープラーニング解析によるAI画像認識プログラムの作成が体験できるというもの。同年2月10日から3月4日にかけて、東京都小金井市立前原小学校において実証授業も実施されます。

児童自身がAIの利点や課題を考える機会を提供

2020年度より実施される新『学習指導要領』では、小学校でのプログラミング教育が必修化されました。また政府が策定した『AI戦略2019』では、顕在化するAI人材不足に対応すべく、学校でのAI教育を重視。ICT教育は、今後さらに普及すると考えられています。シャープの小学校向けAI教育プログラムは、こうした状況に対応すべく開発されました。

同プログラムでは、『ロボホン』の動作や対話プログラムを作成できるソフトウェアに、グーグルのディープラーニングフレームワーク『TensorFlow Lite』を導入。『ロボホン』のカメラ機能を使い、AI画像認識を体験することが可能です。AIについての理解を深め、児童自身がAIの利点や課題を考える機会を提供するとしています。

学校や塾などの教育機関に提案

同プログラムの実証授業は、合同会社MAZDA Incredible Lab代表であり東京都小金井市立前原小学校・前校長の松田孝氏による監修の下、実施されます。松田氏は、小学校におけるプログラミング教育やICT教育の導入を積極的に推進している人物です。

この実証授業を経てシャープは、同プログラムを学校や塾などの教育機関に提案するとしています。

(画像はプレスリリースより)

▼外部リンク

ロボホンを活用した小学校向けAI教育プログラムの実証授業を実施 – シャープ株式会社
https://corporate.jp.sharp/news/200207-a.html

LEAVE A REPLY

*
*
* (公開されません)

Return Top