BI online

ビジネスニュースをデータ活用の視点から幅広く配信

丸山茂樹プロなどが中心に開発、新しいゴルフトレーニングメソッドを運用開始

AI動作解析で、理想的なスイングに近づけるシステムを運用開始

2020年1月31日、株式会社カクセイは株式会社AIGと協業してAIによる動作解析を基にした「AIGメソッド」システムの運用を2020年3月1日より開始すると、発表しました。運用場所は、室内ゴルフレッスンスタジオ「USTMamiyaフィッティングラボ東京」(東京都千代田区)です。

AIGメソッドシステムの概要

開発チームは、丸山茂樹プロ、米倉和良プロが中心となっています。この「AIGメソッド」開発チームは、同システムを2019年に開発しました。

AIGメソッドとは、AIの動作解析を基にしたゴルフパフォーマンスの向上理論です。同メソッドは富士通株式会社保有のAIを応用しています。

このシステムは、新しいトレーニングメソッドで、ゴルフスィングの改善点をAIが解析し、数値化します。非接触の3Dセンシング技術で、映像AIの骨格認識技術を使用して、360度のあらゆる方向の動きを再現します。

AIGメソッドの詳細

レッスンに数値化されたデータを利用し、自分のスイングと理想的なスイングをデータで比較します。骨格データなどから、AIGスイング点数でゴルフ力の診断が可能です。

また、レッスンプログラムは初心者にも分かりやすいデータを利用しています。自分の成長は、マイゴルフカルテで数字管理できます。

このメソッドを利用することで、AIGスイングレベルへ最短で近づけるよう、サポートできます。同社は、全てのゴルファーの役に立てると、確信しています。

(画像はプレスリリースより)

▼外部リンク

プレスリリース
https://www.dreamnews.jp/press/0000209370/

LEAVE A REPLY

*
*
* (公開されません)

Return Top