BI online

ビジネスニュースをデータ活用の視点から幅広く配信

三菱電機、エッジ機器単体の曖昧命令を理解する制御技術を開発

知識処理をコンパクト化、早い機器操作が可能に

2020年1月28日、三菱電機株式会社は、同社のAI技術の「Maisart」を使用した「コンパクトな知識処理に基づくHMI制御技術」を開発したと、発表しました。この技術は、演算量とメモリー使用量を削減し、機器の操作を早くできます。

制御技術の詳細

同社のAI技術の「Maisart」は全ての機器をより賢くすることを目指した、同社のAIブランドです。

この技術を使用し、AIが機器情報、機器操作を事前に学習して、関連性の高い情報から不足している述語や目的語を自動で補完し、命令を理解します。そのため、ユーザーの曖昧な命令でもAIは理解できます。ユーザーの状態は、命令やカメラ、マイクからの情報から把握します。

また、知識処理をコンパクト化したことにより、エッジ機器単体でユーザーの要求応答が素早くできます。エッジ機器単体で曖昧な命令は1秒以内で理解し、即時応答します。車載情報機器や家電製品などのエッジ機器のHMIに適用できます。

制御技術の今後の展開

この技術を家電や車載情報機器などに搭載し、検証していきます。2022年以降の商用化を目指し、社内の問い合わせ業務および品質管理業務の適用も、検討していきます。

(画像は三菱電機株式会社 ニュースリリースより)

▼外部リンク

三菱電機株式会社 ニュースリリース
http://www.mitsubishielectric.co.jp/

LEAVE A REPLY

*
*
* (公開されません)

Return Top