BI online

ビジネスニュースをデータ活用の視点から幅広く配信

AIが地質評価を支援。sMedio、「切羽AI評価システムサービス」を4月提供開始

トンネル掘削工事の切羽観察を支援

株式会社sMedioは、2020年4月1日、クラウドサービス『切羽AI評価システムサービス』の提供を開始します。

sMedioは、ソフトウェアの開発力で高い評価を獲得している企業。同サービスは、トンネル掘削工事の切羽(トンネルの掘削断面)観察工程において、AIが地質評価のサポートを行うというものです。

熟練技術者と同等の地質評価を実現

トンネルの掘削では、地質に応じた工事の施工が必要となるため、切羽の観察および評価が事前に行われます。ここの切羽観察は、地質評価に熟練した技術者が目視で実施するというもの。また、切羽観察簿は紙で作成・保管されていたため、ノウハウの伝承に時間がかかるという課題が生じていました。

sMedioは、これらのノウハウをAIに学習させることで、熟練技術者と同等の地質評価を実現すべく『切羽AI評価システムサービス』を開発しました。利用者は、iPadアプリケーションでの切羽観察や、クラウドシステムを使った切羽観察データの一元管理と切羽観察簿の出力が、可能になります。

各社の岩石データを共有

『切羽AI評価システムサービス』のAI学習モデルは、同サービスを利用する各社の岩石データが共有されるという特徴を持ちます。そのため、各個社で行うデータよりも豊富なデータが準備できるとのことです。

sMedioは同サービスについて、トンネル掘削工事における切羽観察工程の効率化に貢献するものと、自負しています。

(画像はプレスリリースより)

▼外部リンク

地質評価業務支援の『切羽AI評価システムサービス』を開始 – 株式会社sMedio
https://www.smedio.co.jp/news/2020/02/smedioai.html

LEAVE A REPLY

*
*
* (公開されません)

Return Top