BI online

ビジネスニュースをデータ活用の視点から幅広く配信

ミンカブとオートマチックトレードが業務提携

個人投資家向けも利用しやすいコンシェルジュサービスの提供を開始

2020年1月27日、株式会社ミンカブ・ジ・インフォノイドは、オートマチックトレード株式会社と個人投資家向けソリューションサービスの提供を目的とした、業務提携に合意したと発表しました。今後両社で、バーチャル自動売買トレードなどの機能を実装したソリューションを展開します。

ソリューションの概要と特徴

このソリューションは、個人投資家向けに「トレコン」の愛称で、金融機関向けには「MINKABU Trade-Concierge」で展開していきます。

投資家向けコンシェルジュサービスは、監視対象銘柄の売買タイミングや重要ニュース、テクニカル分析を休まずモニタリングするアラート機能を実装しています。また、過去のトレードや株価推移をみることが出来る分析チャート機能、初心向けのバーチャル取引所環境下でのバーチャル自動売買トレード機能を実装しています。そのため、個人投資家にもわかりやすく、簡単に利用できます。

さらに、同サービスは証券会社のAPI経由でトレードできるサービスも提供しています。

業務提携の概要

同社は、「みんなの株式」などでAIとクラウドインプットを活用して、日本最大級の規模で複数の投資家向け金融情報メディアを展開しています。さまざまな金融商品分野で、金融機関向けにシステムの構築や情報サービスの提供を行っています。

オートマチックトレードは、Fintechソリューションの開発を行っています。投資の自動化システム開発やサービス提供に力を入れており、証券各社とのシステム接続による株式の自動売買サービスを自社で運営しています。

両社は、同社の豊富なマーケット情報と、オートマチックトレードの自動売買プラットフォームを合わせたサービスを展開し、よりよい取り引き環境のサービスを展開していきます。また、サービス提供による同社のメディア事業の課金収入、ソリューション事業のASPサービス収入、オートマチックトレードのアプリケーション提供による収入の拡大で、収益の拡大を目指しています。

(画像は株式会社ミンカブ・ジ・インフォノイド ニュースリリースより)

▼外部リンク

株式会社ミンカブ・ジ・インフォノイド ニュースリリース
https://minkabu.co.jp/news/112

LEAVE A REPLY

*
*
* (公開されません)

Return Top