BI online

ビジネスニュースをデータ活用の視点から幅広く配信

導入後もサポート。FRONTEO、AI運用代行・支援サービスを強化

導入・稼働後も最大限の価値を享受できるよう

株式会社FRONTEOは、2020年1月30日、AI運用代行・支援サービスを強化すると発表しました。

同社は、AIエンジン『KIBIT』『conceptencoder』を独自開発し、ビッグデータなどの情報解析を支援している企業です。顧客がAI導入・稼働後の活用において最大限の価値を継続的に享受できるよう、今回のサービス強化は行われます。

実証段階から実用段階に移行したAI

近年の企業において、AI活用はDX(デジタルトランスフォーメーション)の鍵とも言われています。実際に、業界を問わず様々な企業でAI活用は実証実験段階から実用段階に移行しており、大きな効果を目にするケースも増えてきました。

しかしその一方で、AIを導入したものの活用し切れていないケースも、実際には少なくありません。「高度なスキルをもった人材が社内にいない」「担当者が多忙」といった理由でAI活用に困難を抱える企業を支援すべく、FRONTEOはAI運用代行・支援サービスを強化するに至りました。

顧客それぞれの課題に対応

FRONTEOが強化するサービスでは、AIのノウハウ・経験を有するエキスパートが導入支援を行うと共に、導入後の運用保守に至るまでサポートを提供します。また、AI運用そのものを専門家に任せたいという顧客には、運用代行サービスも提供。顧客それぞれの課題に対応したAIソリューションを提案するとのことです。

同社は今後も、企業がAIをビジネスの成長に活用できるよう、支援を行うとしています。

(画像はプレスリリースより)

▼外部リンク

AI運用代行・支援サービスを強化 – 株式会社FRONTEO
https://www.fronteo.com/20200130

LEAVE A REPLY

*
*
* (公開されません)

Return Top