BI online

ビジネスニュースをデータ活用の視点から幅広く配信

Acompany、暗号化したままデータが活用できる「SeDi」発表

複数組織間での安全なデータ活用を可能に

株式会社Acompanyは、2020年1月31日、暗号化したままデータ分析が可能なデータ活用システム『SeDi(Secret Share Data Infrastructure)』を発表しました。

Acompanyは、ブロックチェーン技術関連のプロダクト開発や研究開発などを手がける企業です。『SeDi』は、ブロックチェーンと秘密分散技術を組み合わせることで実現したシステムで、複数組織間での安全なデータ活用を可能にするものとなっています。

データは、それ自体が価値創出の源泉

近年、企業が保有するデータは、それ自体が価値創出の源泉となっています。データ活用を前提にするビジネスモデルもその存在感を増し、複数組織がデータを共有することの重要性も増してきました。

しかしデータ活用には、外部と共有する際にセキュリティリスクが発生します。また、自社活用だけに留まると、活用の限界が生じます。こうした課題を解決すべくAcompanyは、データを安全に共有する方法の確立を企図、『SeDi』を開発するに至りました。

『SeDi』は、暗号化データの保管・使用権限の管理・暗号化データの計算実行を提供するシステムです。安全なデータ共有および活用の基盤を提供します。

新たな価値創出ができるシステム

『SeDi』においてデータは、常に暗号化される状態で共有・活用されるため、外部に漏れることがありません。そのため、サプライチェーンマネジメントにおける需給予測や、ユーザー活動の分析による与信システムにおいても活用が可能で、新たな価値創出ができるシステムとなっています。

同社は今後、「なめらかなデータ活用社会」の実現に向けて『SeDi』の実証実験を進めるとしています。

(画像はプレスリリースより)

▼外部リンク

複数組織間での安全なデータ活用を実現するシステム「SeDi」を開発 – 株式会社Acompany
https://acompany.tech/

LEAVE A REPLY

*
*
* (公開されません)

Return Top