BI online

ビジネスニュースをデータ活用の視点から幅広く配信

スマートドライブの事業、NEDOのAIシステム開発促進事業に採択

モビリティセンシングデータプラットフォームを構築

株式会社スマートドライブは、2020年1月27日、NEDO(国立研究開発法人新エネルギー・産業技術総合開発機構)が公募した『Connected Industries推進のための協調領域データ共有・AIシステム開発促進事業』において、同社事業が採択されたと発表しました。

採択された同社の事業は、「モビリティセンシングデータプラットフォームの構築とConnected Carサービス特化型AI SaaSの開発事業」です。

短期間でサービスを立ち上げることができるよう

スマートドライブは、移動に関するビッグデータを活用し、IoT時代の新たなサービスを提供している企業です。モビリティにまつわるハードウェアやアプリケーション、またテレマティクスサービスなどの開発を手がけています。

同社は、CASE(自動走行、シェアリング&サービス、電動化)への関心が近年高まっていることに着目。事業者が手軽かつ短期間でサービスを立ち上げることができるよう、モビリティセンシングデータプラットフォームの構築およびConnected Carサービス特化型AI SaaSの開発を開始しました。

業界横断でノウハウを活用できるサービスを

モビリティセンシングデータプラットフォームの構築においてスマートドライブは、様々なコネクテッド機器の連携を可能にする汎用APIなどを開発。Connected Carサービス特化型AI SaaSの開発では、利用事業者が早期に事業化レベルに到達できるよう、業界横断でノウハウを活用できるサービスが目指されます。

同社は今後も、世界中の交通・移動データを収集・解析し、事故のない社会や移動がより効率的で快適な社会を作るとしています。

(画像はプレスリリースより)

▼外部リンク

NEDO「協調領域データ共有・AIシステム開発促進事業」に採択 – 株式会社スマートドライブ
http://news.smartdrive.co.jp/

LEAVE A REPLY

*
*
* (公開されません)

Return Top