BI online

ビジネスニュースをデータ活用の視点から幅広く配信

AIを用いて短期間でビッグデータを簡易解析すソリューション、提供開始

RWDなどのビッグデータから有用な示唆を得る

シミック株式会社とサスメド株式会社は、2020年1月27日、AIを用いたビッグデータ簡易解析ソリューションの提供を開始しました。

同ソリューションは、RWD(リアルワールドデータ)などのビッグデータから短期間で有用な示唆を得ることができるというもの。

RWD活用に対して期待が高まっている

シミックは、医薬品に関する総合支援業務を展開している企業です。日本で初めてCRO(医薬品開発支援)事業を開始した実績を持ち、また近年は診断薬などの自社開発販売も手がけています。

サスメドは、技術に立脚したデジタル医療を推進している研究開発型企業です。不眠治療用アプリの開発やAI自動分析システムの提供、またブロックチェーンの医療応用なども進めています。

近年の医療分野では、患者単位のRWD活用に対して期待が高まっています。今回両社が提供を開始した簡易解析ソリューションは、この期待に応えるためのものです。

従来よりも迅速な簡易解析が可能

同ソリューションにおいてシミックは、製薬企業が保有するRWDなどのビッグデータについて、誤記などを削除・修正・正規化するデータクレンジングを担います。サスメドは、データクレンジングされたデータをAI自動分析システムで解析。従来よりも迅速な簡易解析が可能となっています。

両社は同ソリューションにおいて今後、解析計画や解析プログラム作成・実行期間の大幅な短縮を目指すとのことです。

(画像はプレスリリースより)

▼外部リンク

シミックとサスメド、AIを用いたビッグデータ簡易解析ソリューションを提供開始 – シミック株式会社
https://www.cmicgroup.com/news/20200127

LEAVE A REPLY

*
*
* (公開されません)

Return Top