BI online

ビジネスニュースをデータ活用の視点から幅広く配信

MMM、「レガシーシステムのリプレイス」サービスの提供を正式に開始

「クラウドネイティブ」なアプローチで、DXを支援

株式会社MMMは、2020年1月24日、「レガシーシステムのリプレイス」サービスの提供を正式に開始したと発表しました。

同サービスは、老朽化して簡単には変更できないレガシーシステムをリプレイス(移行)し、「技術的負債」を解消するというもの。「クラウドネイティブ」なアプローチにより、企業のDX(デジタルトランスフォーメーション)実現を支援するとしています。

経営上の重大な課題にもなる「技術的負債」

MMMは、クラウド領域に特化したシステムインテグレーターを自認する企業です。クラウドの徹底活用を軸として、コンサルティングから運用までをワンストップで支援し、情報化社会を生きる人々の幸せに貢献し続けています。

同社は、企業においてレガシーシステムが発生させるコストやリスクを、同社は「技術的負債」と呼称。経営上の重大な課題にもなるこの「負債」を、専門のクラウド技術で解決すべく、長い時間をかけて検討・開発を続けてきました。「レガシーシステムのリプレイス」サービスは、こうした経緯で開発されたものです。

クラウド技術を活用してアプリケーション基盤を構築

「レガシーシステムのリプレイス」サービスでは、クラウド技術を活用してアプリケーション基盤を構築する「クラウドネイティブ」な方法論が、その中心に据えられます。システム総保有コストの最適化やセキュリティ対策、またクラウドテクノロジーの導入などにより、DXの強力な推進が図られるとのことです。

(画像はプレスリリースより)

▼外部リンク

株式会社MMM
https://mmmcorp.co.jp/

DXを実現する「レガシーシステムのリプレイス」サービスを提供開始 – PR TIMES
https://prtimes.jp/main/html/rd/p/

LEAVE A REPLY

*
*
* (公開されません)

Return Top