BI online

ビジネスニュースをデータ活用の視点から幅広く配信

「MatrixFlow」を活用した、AI受託開発と内製化支援のコンサルティングサービスを開始

AI構築プラットフォームのコンサルティングサービスを開始

2020年1月16日、株式会社MatrixFlowは「MatrixFlow」を活用したAIの受託開発と内製化支援のコンサルティングサービスを、2020年1月16日より開始すると、発表しました。「MatrixFlow」は、プログラミングが不要のAI構築プラットフォームです。

MatrixFlowの概要

業種を選ばず、幅広く機械学習モデルの作成が可能です。また、数値データだけでなく、テキストや画像データの取り扱いもできます。様々なテンプレートが用意されており予測、分類ができるため、初心者でもAIモデルの構築が簡単にできます。

データサイエンティストのノウハウを自動化し、専門知識がなくてもコストをかけず簡単に最適なアルゴリズムと、パラメータの組み合わせが探索できるのが特徴です。

コンサルティングサービスの概要

同社が同プラットフォームを使用して、AI開発を受託することで、ビジネス課題をAI利用で解決します。同プラットフォームのレクチャを実施しノウハウを移管することで、専門家なしでも効率的にAIを構築できる体制ができます。最終的に自社で同プラットフォームを使用しAI社内開発、運用を行うことで、AI開発の内製化が実現できます。

開発後のメンテナンスも、マウス操作だけでモデル更新が実行できる環境があり、簡単にできます。

同プラットフォームを利用することで、開発期間が半分に短縮されたとの事例もあります。また、開発ノウハウが蓄積されるため、AI開発の早期化が期待できます。

(画像は株式会社MatrixFlow ニュースより)

▼外部リンク

株式会社MatrixFlow ニュース
https://www.matrixflow.net/

LEAVE A REPLY

*
*
* (公開されません)

Return Top