BI online

ビジネスニュースをデータ活用の視点から幅広く配信

アラヤとモルフォが業務提携、エッジAI実現のソフトを開発

業務提携で、AIモデルの自動圧縮ソフトをリリース予定

2020年1月16日、株式会社アラヤと株式会社モルフォは業務提携契約を締結し、「Pressai」(CPU版)を共同で開発すると、発表しました。このソフトは、AIモデルであるニューラルネットワーク(CNN)の自動圧縮ソフトウェアです。

自動圧縮ソフトの概要

同ソフトは、エッジAI実現のためのソフトウェアです。同水準の精度を維持したまま、アラヤ独自の特許技術で演算量を最大で約1/30に圧縮し、チップ実装までを自動化します。圧縮の後段で、モルフォ開発の世界最速級ディープラーニング推論エンジンSoftNeuro(R)を使用し、CPU処理の最適化を行います。

圧縮や実装工程の自動化により、開発、作業時間の短縮が図れます。また、エッジデバイス上で高速で低消費電力の動作が実現でき、エッジAIの実用化を強力にサポートします。

このソフトのリリースは、2020年3月を予定しています。アラヤがPressaiの顧客窓口を行い、個別のコンサルティングやカスタマイズなどに対応していく予定です。

圧縮技術とSoftNeuroの概要

アラヤの圧縮技術は、独自の特許技術で精度を維持したまま、演算量を最大で約1/30 にまで圧縮します。畳み込みCNNの画像認識時に圧縮効果が期待されています。

モルフォのSoftNeuroは、世界最速級のディープラーニング推論エンジンです。様々なディープラーニング・フレームワークを使用した学習結果を活用しており、多くの環境上で高速に動作すのが特徴です。また、音声認識やテキスト解析等にも利用可能で、様々プラットフォームに対応した最適化の取り組みで、広範な動作プラットフォームへ学習結果を展開することが簡単にできます。

(画像は株式会社アラヤ お知らせより)

▼外部リンク

株式会社アラヤ お知らせ
https://www.araya.org/publications/news20200116/

LEAVE A REPLY

*
*
* (公開されません)

Return Top