BI online

ビジネスニュースをデータ活用の視点から幅広く配信

RPA化に必要な思考力を鍛える。ヒューマンリソシア、新研修プログラムを開講

「RPA人材の育成」を支援すべく開講

ヒューマンリソシア株式会社は、2020年1月16日、RPAの新たな独自研修プログラム「実践トレーニングコース(2研修)」を開講すると発表しました。

同プログラムは、RPA導入企業の多くが課題として挙げる「RPA人材の育成」を支援すべく、開講されるもの。RPA化に必要な思考力を鍛える内容になっています。

RPA活用の推進にはRPA人材の育成が急務

人手不足や人材採用難といった課題が長期化するに従って、企業は生産性の向上により一層取り組むことが求められるようになりました。こうした状況において、事務業務を自動化するRPAの活用も、一気に広がりを見せています。

しかし実際には、RPAを導入しても期待した効果が得られない企業も、少なくありません。人材サービスを展開するヒューマンリソシアは、RPA活用の推進にはRPA人材の育成が急務であると判断。この育成を支援すべく、「実践トレーニングコース」の開講に至りました。

教育を中心としたサポートを包括的に提供

「実践トレーニングコース」は、操作スキル習得を目指す従来型の研修とは異なり、RPA化に向けた考え方にフォーカスした研修として開発されました。RPAソリューション『WinActor』を使用し、業務をRPA化するために必要な思考力が、鍛えられます。

ヒューマンリソシアは今後も、教育を中心としたサポートを包括的に提供することで、企業のRPA活用を支援するとしています。

(画像はプレスリリースより)

▼外部リンク

ヒューマンリソシア、 RPA研修プログラムを拡充 – ヒューマンホールディングス株式会社
https://www.athuman.com/news/2020/200116_hr_rpa_training/

LEAVE A REPLY

*
*
* (公開されません)

Return Top