BI online

ビジネスニュースをデータ活用の視点から幅広く配信

エイシング、エッジAIアルゴリズムに特化した研究・開発チームを新設

開発チーム『Algorithm Development Group』

株式会社エイシングは、2020年1月7日、開発チーム『Algorithm Development Group(以下『ADG』)』を新たに設立しました。

エイシングは、エッジAIのスタートアップ企業。『ADG』は、エッジAIアルゴリズムに特化した研究・開発を推進する専門チームとして設立されています。

顧客のニーズに適したソリューション提供を推進

AIの情報処理はこれまで、クラウド上で実行されることが一般的でした。しかし近年、自動運転や第四次産業革命といった分野では、処理をエッジ側で実行するエッジAIの需要が高まっています。こうした動きを受けてエイシングは、導入機器単体でリアルタイムに自律学習・予測する独自AIアルゴリズム『AiiR』シリーズを開発。先進的なニーズに対応していました。

開発チーム『ADG』は、こうしたニーズにより対応すべく新設されます。同チームは、同社が強みとする組み込み技術を活かした開発体制を強化する形で、エッジAIアルゴリズムの研究・開発を実施。顧客のニーズに適したソリューションの提供を、より一層推進するとのことです。

人材の育成への投資も進める

エッジAI領域の研究では、AIアルゴリズムの技術力と知見に加えて、エッジデバイスにおけるコンピュータリソースの制約をクリアできる専門性も求められます。こうした技術力・専門的知識を持つ研究者が、日本では稀少であることをエイシングは憂慮。『ADG』では、人材育成への投資も進めるとしています。

同社は今後も、エッジAIによる第四次産業革命の推進を加速させ、日本の産業競争力の一翼を担うとしています。

(画像はプレスリリースより)

▼外部リンク

株式会社エイシング
https://aising.jp/

エイシング、エッジAIアルゴリズムに特化した専門開発チームを設立 – PR TIMES
https://prtimes.jp/main/html/rd/p

LEAVE A REPLY

*
*
* (公開されません)

Return Top