BI online

ビジネスニュースをデータ活用の視点から幅広く配信

インフォアのERPとクラウドBIプラットフォーム、ワタミのデータ活用を支援

『Infor CloudSuite Food & Beverage』と『Birst』

インフォアジャパン株式会社は、2019年12月5日、同社のクラウドERPおよびクラウドBIプラットフォームについて、ワタミ株式会社における導入事例を発表しました。

インフォアジャパンは、クラウド型業務ソフトウェアを展開する米インフォアの日本法人。ワタミには、マルチテナント型クラウドERP『Infor CloudSuite Food & Beverage』と、同ERPと連携するクラウドBIプラットフォーム『Birst』が導入されています。

サプライチェーン管理プラットフォームを再構築

ワタミは、「食の総合企業」として外食事業や宅食事業を展開しています。同社は現在、収益体制の強化を図るべく「MD(マーチャンダイジング)改革」に注力。リアルタイムかつデータドリブンな経営判断を下すべく、サプライチェーン管理プラットフォームの再構築にも取り組み始めました。

データ分析のための基盤構築を企図した同社は、『Infor CloudSuite Food & Beverage』の導入を決定。またこの導入に伴い、標準化された生産管理の情報を可視化する必要があると考えた同社は、データドリブン経営の土台を構築すべく『Birst』の導入も決定しました。

データ基盤を確立、データドリブンな経営を実現

ワタミにおいてインフォア製品は、データ基盤の確立およびデータドリブンな経営実践を可能にしました。ワタミは『Infor CloudSuite Food & Beverage』について、会計管理への利用拡大や業績管理などの機能追加を企図しており、海外拠点でも同様の取り組みの拡大を考えています。

インフォアジャパンは今後も、クラウドを用いた業界特化型のビジネスアプリケーションにおけるグローバルリーダーとして、製品の提供を行うとのことです。

(画像はpixabay.comより)

▼外部リンク

ワタミ、クラウドERPでデータ基盤を確立し、BIによりデータドリブンな経営を実践 – インフォアジャパン株式会社
https://www.infor.com/ja-jp/news/20191205

LEAVE A REPLY

*
*
* (公開されません)

Return Top