BI online

ビジネスニュースをデータ活用の視点から幅広く配信

小売全般のAI導入を推進。「リテールAIプラットフォームプロジェクト」発足

トライアルカンパニーなど6社が参画

株式会社トライアルカンパニーは、2019年11月22日、同社を加えた6社共同で『リテールAIプラットフォームプロジェクト』を発足したと発表しました。

同プロジェクトは、日本におけるリテールAI技術の推進を目的とするもの。サントリー酒類株式会社・株式会社日本アクセス・株式会社日本ハム株式会社・フクシマガリレイ株式会社・株式会社ムロオが、トライアルカンパニーと共に参画します。

流通小売業界において新しい価値を創出

近年、小売の現場においても最先端のIT・AI技術を導入する動きが、「リテールテック」として世界的に注目を集めるようになりました。特にAI技術の活用は、店舗マネジメントや商品・サービスのマーケティング、また物流領域において「第四次産業革命」さえ起こす可能性があると期待されています。

こうした状況に対応し、日本においてもリテールAI技術の成熟させるべく、同プロジェクトは発足に至りました。店舗・メーカー・卸・物流など様々な立場の企業が、流通小売業界において新しい価値を創出すべく、労働人口の減少といった社会課題解決にも寄与するとしています。

スマートストアを「日本の当たり前の文化」に

近年の日本では、多くの企業が人手不足や採用難といった社会課題を抱えており、また生活者のライフスタイルも多様化しています。こうした中、IoT技術を活用したスマートライフが普及の動きを見せるようになりました。

『リテールAIプラットフォームプロジェクト』では、こうした社会変化に対応し、世界に通用するスマートストアを「日本の当たり前の文化」として浸透させるとしています。

(画像はpixabay.comより)

▼外部リンク

株式会社トライアルカンパニー
https://www.trial-net.co.jp/

業界初のハイブリッドプロジェクト『リテールAIプラットフォームプロジェクト』発足 – PR TIMES
https://prtimes.jp/main/html/rd/p/

LEAVE A REPLY

*
*
* (公開されません)

Return Top