BI online

ビジネスニュースをデータ活用の視点から幅広く配信

エムズコミュニケイト、「顧客データ活用最大化支援サービス」を12月リリース

『ポイントサービス3.0支援シリーズ』第2弾

株式会社エムズコミュニケイトは、2019年11月26日、「顧客データ活用最大化支援サービス」を同年12月にリリースすると発表しました。

同社は、企業と顧客のコミュニケーションに関するコンサルティングを提供している企業。「顧客データ活用最大化支援サービス」は、同社の『ポイントサービス3.0支援シリーズ』の第2弾にあたるものです。

データ分析において後れをとっている日本企業

近年、国のキャッシュレス還元ポイントをはじめとして、ポイントサービスに関する動きが活況を呈するようになりました。こうした動きに呼応する形で、ポイントを発行する企業およびその発行量も増加の一途を辿っています。

しかし、ポイントサービスの導入は企業にとって、非常に大きな投資になるものです。そのため導入前には、投資対効果を確認すべくデータ分析が必須となります。エムズコミュニケイトは、このデータ分析などにおいて日本企業が欧米企業に後れをとっていると判断。課題解決の手段として、『ポイントサービス3.0支援シリーズ』の提供開始に至りました。

慶應義塾大学・星野崇宏教授が監修

『ポイントサービス3.0支援シリーズ』では、シリーズ第1弾として2019年10月に「ポイント新会計基準対応支援サービス」をリリース。続く第2弾として、「顧客データ活用最大化支援サービス」はリリースされます。

同サービスでは、顧客アプローチ施策企画支援やポイントサービス・CRM施策改善支援、施策実証実験支援といった機能を提供。監修は、慶應義塾大学・星野崇宏教授が務めています。

(画像はpixabay.comより)

▼外部リンク

「顧客データ活用最大化支援サービス」をリリース 『ポイントサービス3.0支援シリーズ』第2弾 – 株式会社エムズコミュニケイト
https://www.emscom.co.jp/news/info/2019/4996

LEAVE A REPLY

*
*
* (公開されません)

Return Top