BI online

ビジネスニュースをデータ活用の視点から幅広く配信

NTTデータ、「NaNaTsu AI-OCR with DX Suite」提供開始

神戸市・下関市・氷見市など7団体が利用

株式会社NTTデータは、2019年11月26日、AI-OCRサービス『NaNaTsu AI-OCR with DX Suite』の提供を開始したと発表しました。

同サービスは、地方公共団体などにおいてスマート行政の実現や「働き方変革」を支援すべく開発されたもの。同年10月31日より提供が開始され、2019年11月の時点で神戸市・下関市・氷見市など7団体が利用しています。

低コストでAI-OCRを導入できる

近年、地方公共団体は将来的な労働力不足に対応すべく、業務の自動化といったスマート行政への転換を推進しています。NTTデータもこうした動きを支援すべく、RPAソリューション『WinActor』やAI-OCRの導入検証を、一部の地方公共団体と共に推進。AI-OCRが持つ有用性を、既に確認していました。

『NaNaTsu AI-OCR with DX Suite』は、低コストでAI-OCRを導入できる地方公共団体向けサービスとして、開発されました。同サービスでは、AI inside株式会社の『DX Suite』をAI-OCRエンジンとして採用。手書きの各種申請書類などを、テキストデータに自動変換することが可能です。

『NaNaTsu』シリーズの一つとして提供

『NaNaTsu AI-OCR with DX Suite』は、スマート行政実現を支援するNTTデータの『NaNaTsu』シリーズの一つとして提供されます。そのため、地方公共団体ごとのシステム構築が不要であり、従量制の年額利用料のみでの利用が可能です。

同サービスは、2019年12月からは町田市・長岡市・つくば市など6団体への提供も予定。またトライアル版については、既に46団体が利用しています。

(画像はpixabay.comより)

▼外部リンク

「NaNaTsu AI-OCR with DX Suite」を7団体に提供開始 – 株式会社NTTデータ
https://www.nttdata.com/

LEAVE A REPLY

*
*
* (公開されません)

Return Top