BI online

ビジネスニュースをデータ活用の視点から幅広く配信

AI OCRもサブスクの時代。AI insideとNTT西日本、「おまかせAI OCR」提供開始へ

『DX Suite』と顧客サポートを組み合わせる

AI inside 株式会社は、2019年11月25日、サブスクリプション型OCRサービス『おまかせAI OCR』の提供を開始すると発表しました。

同サービスは、AI insideが開発したAI-OCRサービス『DX Suite』と、西日本電信電話株式会社(以下「NTT西日本」)の顧客サポートを組み合わせるというもの。両社の協働により、同年12月2日より提供が開始されます。

未だ使用されることが少なくない、手書きの紙

近年、IoTやAIといったICTは目覚ましい発展を遂げ、最新技術が次々と開発されています。労働人口減少が経営課題となっている多くの企業でも、こうした技術の導入が進むようになりました。特に、定型業務を自動化して業務効率化を実現するRPAは、その重要度が高まりつつあります。

しかしその一方で、企業の実業務では手書きの紙が使用されることが少なくありません。この紙に関する問題は、業務のデジタル化において大きな障壁となっていました。『おまかせAI OCR』は、これらの課題を解決するサービスとして開発されたものです。

月額3万円のサブスクリプション型サービス

『おまかせAI OCR』は、AI insideの『DX Suite』によって、手書きされた紙様式の文書を自動で電子データ化。また、トラブルなどが発生した際の問い合わせ対応は、NTT西日本が一元的に行います。さらに、月額3万円のサブスクリプション型サービスであるため、中堅中小企業でも安心して利用することが可能です。

AI insideは今後も、新たなサービス提供を通じて顧客の課題解決に貢献するとしています。

(画像はプレスリリースより)

▼外部リンク

手書き文書のデジタル化を実現する「おまかせAI OCR」の提供開始について – AI inside 株式会社
https://inside.ai/stories/2019/11/25/nttwest/

LEAVE A REPLY

*
*
* (公開されません)

Return Top