BI online

ビジネスニュースをデータ活用の視点から幅広く配信

「AMY」のAutomagi、AI画像認識活用物流システムの国内市場シェア2位を獲得

『次世代物流ビジネス・システムの実態と将来展望2019』

Automagi株式会社は、2019年11月22日、市場レポート『次世代物流ビジネス・システムの実態と将来展望2019』において、AI画像認識活用物流システムの国内市場シェア2位を獲得したと発表しました。

Automagiは、AIソリューション『AMY』を開発・提供している企業。同レポートは、株式会社富士経済が発表しているものです。

企業へのAI提供を拡大、開発の短期間化も実現

Automagiは、データ解析分野でのソリューションや、IoT/位置情報関連サービスのソリューション、また通信キャリア/大企業向けのシステムなどを開発・運用している企業。様々な開発実績を積み重ねる中で豊富なノウハウも獲得し、これらノウハウを活用したAI開発も進めています。

同社はこれまで、累計120件を超えるAI開発プロジェクトを手がけてきました。こうした経験値を活かす形で同社は、企業へのAI提供を拡大すると共に、開発の短期間化も実現。2018年度における提供までの平均開発時間は、2.1ヵ月をマークしています。

実証実験の約8割が、商用化に至っている

Automagiはさらに、AI事業を展開する中で物流分野は注力分野として設定。のべ30カ所以上の物流施設の見学を実施すると共に、課題抽出や要件定義の支援も手がけてきました。結果として、同社のAI開発プロジェクトの実証実験は、その約8割が商用化に至っています。

AI画像認識活用物流システムの国内市場シェア2位獲得は、これらの取り組みが反映された結果であると、同社や自負。今後もより多くの課題を解決するサービスを提供することで、シェア1位を目指すとしています。

(画像はプレスリリースより)

▼外部リンク

Automagi、AI画像認識活用物流システムの国内市場でシェア2位を獲得 – PR TIMES
https://www.automagi.jp/

LEAVE A REPLY

*
*
* (公開されません)

Return Top