BI online

ビジネスニュースをデータ活用の視点から幅広く配信

AI自動翻訳「boundy」、複数アカウントの管理機能と請求書による後払い対応を開始

利用者から寄せられていた要望に応える

Xtra株式会社は、2019年11月22日、同社のAI自動翻訳サービス『boundy』において、複数アカウントの管理機能および請求書による後払い対応を開始しました。

『boundy』は、2019年の8月にリリースされたインバウンド領域特化型のAI自動翻訳サービス。請求書払い対応は、同サービスの利用者から寄せられていた要望に応える形で、開始されたとのことです。

AI自動翻訳と人力チェックを組み合わせる

Xtraは、『boundy』に加えて、高精度・セキュアなAI自動翻訳サービス『Qlingo』の運営管理を手がけています。また、オンラインで完結するプロフェショナル翻訳サービス『スピード翻訳』も提供。世界中からフリーランサーが集まるクラウドソーシングサービス『Conyac』の運営も手がけます。

同社の『boundy』は、AI自動翻訳と人力チェックを組み合わせた「ハイブリッド」翻訳を、インバウンド領域で提供しているサービス。インバウンドにおける主要言語への翻訳に対応しており、また一度に複数言語への翻訳も可能。オプションとして、『Conyac』のバイリンガル登録者によるチェックを受けることもできます。

期間限定の1ヶ月無料トライアルも実施

Xtraにはこれまで、「複数のクライアントに対して『boundy』を提供したい」といった要望が、WEB制作会社などから寄せられていました。こうした要望に応えるべく、今回の機能拡張は行われています。

Xtraはまた『boundy』について、2019年10月より期間限定の1ヶ月無料トライアルを実施。AI翻訳の品質を確認してほしいと願っています。

(画像はプレスリリースより)

▼外部リンク

boundy – Xtra株式会社
https://boundy.ai/

AI自動翻訳サービス『boundy』、企業向け複数アカウントの請求書払いに対応 – PR TIMES
https://prtimes.jp/main/html/rd/p/

LEAVE A REPLY

*
*
* (公開されません)

Return Top