BI online

ビジネスニュースをデータ活用の視点から幅広く配信

オムロン、非集中学習技術「Decentralized X」を開発

非集中学習技術で、中小企業でもAI導入が可能に

2019年11月13日、オムロン株式会社はAIの性能を高める非集中学習技術「Decentralized X」を開発したと、発表しました。この技術は、日本で特許を出願済みです。

「Decentralized X」の概要

AI学習に必要なデータを1カ所で集約せず、機械学習モデル統合でAIの性能を高める非集中学習技術です。様々な構造のAI機械学習モデルを統合することは、難しい課題でした。同社は独自のアルゴリズムで、データ集約をした場合と同等の性能で、AIを開発できるように対応しました。

これにより、大量データの入手が困難な企業でも、高性能なAIを導入することができます。ビックデータを収集できない中小企業でもAI導入が可能になり、社会的課題の解決になります。また、秘匿性が高く他の事業者とデータ共有することが難しい場合も、各事業者のAI性能を高めるコラボレーション実現に、貢献しています。

今後の展望

今後「Decentralized X」を、制御機器などで使用されているAIに適用させ、進化を加速させる予定です。また、同社は事業者同士のオープンイノベーションを促進し、様々な領域でAIの社会実装を進めることで、社会的課題の解決を目指しています。

(画像はオムロン株式会社 ニュースリリースより)

▼外部リンク

オムロン株式会社 ニュースリリース
https://www.omron.co.jp/press/2019/11/c1113-2.html

LEAVE A REPLY

*
*
* (公開されません)

Return Top