BI online

ビジネスニュースをデータ活用の視点から幅広く配信

富士通総研が支援を受託した「埼玉県AI・IoTプラットフォーム」、11月20日公開

AIソフトウェアが試せるポータルサイト

株式会社富士通総研は、2019年11月18日、埼玉県より企画・構築の支援を支援した『埼玉県AI・IoTプラットフォーム』が、同年11月20日に公開されると発表しました。

『埼玉県AI・IoTプラットフォーム』は、同県内の企業においてAIとIoTを活用した生産性向上を促進するためのサイト。AIソフトウェアが試せるポータルサイトとして、企画・構築がなされています。

『埼玉県AIコンソーシアム』が県内企業へ向けて提供

埼玉県は2019年8月、『埼玉県AIコンソーシアム』を設立しました。同コンソーシアムは、企業・大学・研究機関・商工団体・金融機関・自治体などで構成されるもの。県内企業における生産性向上や新たなビジネス創出を目指し、AI技術などの導入・活用を促進する取り組みを行っています。

今回公開される『埼玉県AI・IoTプラットフォーム』は、『埼玉県AIコンソーシアム』が県内企業へ向けて提供するサイト。『埼玉県AIポータルサイト』と『埼玉県IoT/LPWAポータルサイト』の2つで構成され、AIの普及啓発や人材育成、また実装・技術支援の情報共有が行われます。

AI・IoT導入促進を支援

『埼玉県AI・IoTプラットフォーム』の『埼玉県AIポータルサイト』では、体験版画像認識AIなどの機能・コンテンツを提供。『埼玉県IoT/LPWAポータルサイト』では、LPWA(Low Power Wide Area)活用による地域課題の解決に向けた実証実験の成果などが紹介されます。

富士通総研は今後も、『埼玉県AI・IoTプラットフォーム』において埼玉県内企業のAI・IoT導入促進を支援するとのことです。

(画像はプレスリリースより)

▼外部リンク

「埼玉県AI・IoTプラットフォーム」が11月20日に公開 – 株式会社富士通総研
https://www.fujitsu.com/

LEAVE A REPLY

*
*
* (公開されません)

Return Top